スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卓話の時間(佐賀RC七田先生編)

2009年03月18日 08:03

3/18

今日は佐賀RAC恒例の卓話例会。

今回講師として来て下さったのは・・・。

佐賀RC
ガバナー補佐の
『七田秀徳』先生。

SH370057.jpgSH370058.jpg

先生の略歴をご紹介

ロータリー歴
1998/12 佐賀RC入会
1994-1995 佐賀RC幹事
2005-2006 佐賀RC会長
2008-2009 地区ガバナー補佐

職歴
1965年 七田酒販販売㈱入社
1980年 同社代表取締役社長就任
2008年 同社代表取締役会長就任

他団体歴
1977年 佐賀青年会議所理事長
その他 同業組合・佐賀卸センター・佐賀商工会議所etc.


今回は七田先生による、

『40年の歩みと仕事への想い』

をテーマに話して頂きました。

まずは七田先生が勤めていらっしゃる

『七田酒販販売㈱』

について・・・。

先生曰く、1949年創業というかなり歴史の深い老舗。

酒税を扱う酒屋では免許がないと販売が出来なかったこともあり、昔は全ての商品を酒屋と云われる専門店に配達するという限られたルートでの販売しかできなかったらしいんです。

1960年代当時に入社してからというもの、古き良き

『屋さん』文化

が減少し、酒税法の規制緩和により全てをワンストップでサービスを提供するスーパーやディスカウントショップ・デパート等が謳歌する時代となった今、その業務形態のあり方も随分変わったんだとか。

地方の卸として生き残るために七田先生が考え出したのは・・・。

『オンリーワン』

であること。つまり、大手企業と対抗できる商品やサービスの差別化を図ることで、どうにか食らいついていく。

こうやって、時代のニーズにいち早く対応していくことが肝要なんだとか。
(;´Д`)

若干42歳で社長を務め、正に今現在進行系でトップを務めている七田先生の言葉にはかなーり┗(-_-;)┛オ・・オモミ・・・がありますよね。
ヽ〔゚Д゚〕丿 スゴイスゴイ

それから、七田先生が40年間もの間、会社や多団体で活躍された経験を元に、社会で上手に生きていく知恵を教えて頂きました。

・‥…・・・★・‥…・・・★・‥…・・・★・‥…・・・★・‥…・・・★・‥…・・・★

とても内容の濃い話だったので、全てを記載するのは難しいのですが、その一端を皆さんに紹介しますね
Σd(゚∀゚d)イカス!

七田先生のありがたいお言葉のコーナー↓

☆全てのものにオープンを求めること☆
・・・常に隠れることが無く、全ての物事にオープンな体制を作り、信用を勝ち取ることが今後の自分にプラスになる。

☆サクセスは計画から☆
・・・全ての物事も計画が出来ていなければうまくいかない。綿密な計画が必ず成功をもたらすようになる。

☆スポンジ系☆
・・・色々な物事に興味を持ち、全てを吸収する姿勢が大切。真似るは学ぶの精神で、スキルを盗み上達する方法を獲得することが大事。

☆豊かな心を作る基本動作の徹底☆
・・・すべての物事は基本動作に通ずる。あいさつをするにしても、電話の対応ひとつで変わっていく。次工程をお役様と思って行動することで作業の引き継ぎを次にやる人がやりやすいようにすることでその人の信用に繋がっていく。

とまあ次から次に面白い話をしていただけて、本当に目からウロコな卓話の時間です。

色んな話を多面的におっしゃって頂くことで、メンバー全員の意識改革になったんじゃないでしょうかね。
( ;∀;) イイハナシダナー

こんな感じで話の尽きない卓話例会は続くのでした・・・。
(;-_-) y シュッ …-=≡卍
スポンサーサイト

就職不況

2008年12月08日 17:37

就活学生の98.8%が「就職戦線厳しい」と予測~02年以来の90%越えに・・・。( ; ゚Д゚)


企業の人材採用に関するコンサルティングを行うディスコ社は8日(月)、2010年3月卒業予定の学生を対象にした「就職活動モニター調査」を発表した。

その結果、前年度と比較した上での就職活動予測について、

「非常に厳しい」(42.6%)
「やや厳しい」(56.2%)

と悲観的な予測をしている学生が98.8%にのぼり、昨年の53.3%と比べると急増していることがわかった。“悲観派”が90%を超えたのは、“就職氷河期”であった2002年11月の調査以来だという。

12月8日15時10分配信 オリコン

いやーまさかの就職不況ですな。

世界同時不況で各企業の経済状況へ悪影響を及ぼしたことと「内定取り消し」などの雇用状況続いたことで、相当今年の卒業者にとっては不安な就職状況らしいですね。

2002年といえばわしが就職活動した時期らへんです。

そう・・・。

あの時は就職するあてもなくてフラフラと職もテンテンとしていた頃でもありました。(;・∀・)

下手したら、ネットカフェ難民になっててもおかしくなかったんですよね・・・。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そういえば宛てもなく調べまくった設計事務所100件近くの電話番号に突然かけまくり、アポを取った色んな事務所をかけずり回って、就職先を探したな(;゚д゚)ァ....。

結局反応があったところは10件くらい。殆どは門前払いだったよな(;゚д゚)ァ....。

若いから辺り構わず恥ずかしさも知らなかったんだよね(/ω\)ハズカシーィ

何にも技術もない。知識もない。実務もない。そんなβακα..._〆(゚▽゚*)なわしを信頼して雇ってくれたとこが1件だけあったんですよ・・・。。・゚・(ノД`)・゚・。

初めて行った就職面接。

挙動不審なわしに社長からこう云われました。

『仕事は技術でも知識でも経験でもない。一番大切なのは、信じる心と周囲の信頼なんだ。』

わしはその社長の言葉を聞いて思わず感動して泣いてしまいました・・・。

感動したこともあったんですが、その時色んな会社から裏切られ、望みや希望が薄れていき、就職に対する不安と緊張とストレスで少しココロに傷がついていたからだろうとも思います。

決して大きい会社ではなかったけれど、人情味があってわしにとっては最高の職場だったと今でも確信しています。

その時雇ってもらった社長のことは一生忘れません。。゚(゚´Д`゚)゚。

懐かしいですよね。昔の無謀さも今じゃ保身に入ってる自分が逆に恥ずかしい気がするのはわしだけでしょうか・・・。

その時のことを思い出すと今の自分がもどかしくもあり、そんな頃に戻りたくもある。

でも時は流れていくものです。その時の無謀さを現在のモチベーションに変えていく。

これからもそうありたいと思った出来事でした。
ホウリナゲ!( ゚∀゚)つ=====ω-=≡ω\(゚∀゚ )ピタァ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。