スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ち『E』ごみ拾い~アクトの日虹の松原海岸清掃編~

2008年09月07日 16:01

今日は何の日でしょう??

9/10=アクトの日!!(←三日ばかり早いですが・・・。)

そう今日は9/7(日)です。

が・・・。

アクトの日が平日だと云う事で・・・。

佐賀エリアでは本日アクトの日活動を行いました!!!

アクトの日

ちなみに何??ってかた↓
アクトの日とは・・・
『日本中のローターアクターが全国統一事業を行うこと』
を最終目的とし「各地区で同じ日、同じ時間(9/10の9時10分)に何かをやろう」という主旨の活動です。



ということで、毎年恒例となる『虹の松原海岸』の清掃を行ったんです。

しかし当日は曇り模様。海も荒れ荒れで雨が降りそうな天気・・・。

荒れ模様

しかし、それでもメゲズニ活動開始です!!

現在AM8:15。

貝殻班とごみ拾い班に分かれて活動します。

ちなみに貝殻拾いというのは、長崎RACから始まり、継続的に行われているエコキャンドル(リユースキャンドル)をつかったキャンドルナイトイベントを行う為のキャンドルの材料『貝殻』をここで拾おうというコンセプト。

要するに、ただ端にキャンドルを作るのでは面白くないので、貝殻を器に使ったら??

っていう佐賀クラブのアスミンとまみちゃんの提案で始まった貝殻キャンドルナイト!!!

折角虹の松原海岸で活動するんだから集めちゃえ!!!っていうのが真実です。(←ってか計画性無くてごめんなさい。)

とりあえず今日の活動メンバー紹介↓

りょうちん
りょうちん(唐津東RAC)

まみちゃん
まみちゃん(佐賀RAC)

かっつん
かっつん(佐賀RAC)

おにっち
おにっち(唐津東RAC)

宮崎くん
宮崎くん(唐津東RAC)

あやちゃん
あやちゃん(唐津東RAC)

まっつん
まっつん(佐賀RAC)

ふっくん
1時間遅刻のふっくん初登場(佐賀RAC)

辻P2
辻P

先生
小島先生(唐津東RC)


田中くん(唐津東RAC)

こんな感じで総勢10名が参加したんです。
(あっっ。自分をぬかしとった・・・。(汗)ということで総勢11名です・・・。)

清掃中
とりあえず、ところ構わず拾います。

清掃中3
こんな感じでね。

しっかしこのゴミの山・・・。どうなんでしょうね??本当に考えさせられますよね。



そろそろ1時間が経つ頃。

途中経過
未だにごみは3袋。

がしかーし!!

『休憩ー!!』

の合図と同時に各自戻ってきます。

あやちゃんのごみ

先生のごみ

辻Pのごみ

するとみるみるうちに・・・。

ごみ成果
大量のごみの山・・・山・・・。

事前に唐津東RACさん達が用意していただいた『ボランティア用ゴミ袋』20袋が全て満杯に!!!

ここでしばし休憩の時・・・。↓



そうこうしているうちにもゴミを分別するんです。↓



しかも!!!

勿論ペットボトルの蓋は分別回収するんですよね。↓(というか・・・。ペットボトルじゃなくて、ワンカップの蓋が入ってるんですけど・・・。)

キャップ回収


ちなみに貝殻班はというと・・・。



貝殻収集

大量に収集してしまい・・・。もって帰るのが困難な感じになっちゃいました・・・。

目標600個って言ってましたが、多分それ以上あると思います・・・。(汗)

とその時・・・。

登場したのが!!!

寝坊で堂々と遅刻してきた

『ふっくん』こと古川くん(佐賀RAC新人)

新人なのにこの重圧感。

新人なのにこの眼鏡のズレ具合・・・。

彼は侮れませんね(笑)



ということで最後は仲良く集合写真!!↓

集合写真

まっつん??

何やってるの??

まっつん青春

『いやー青春っていいなって思って・・・。』

↑そういう素朴なまっつんが大好きだー!!!!

・・・・。

ワケが分からなくなる前にスイッチしましょう。

これで解散!!と思いきや。

今日の本当の目的は他にもあったんです。

そう。

唐津東RACさん達のために全研の勉強会を開こうということで、代表の辻Pを始め、地区幹事のまみちゃん。そして、全研総務部長のかっつん他佐賀RACから沢山の参加をお願いしていたんです!!

全研会議1

全研会議2


実を云うと、唐津東のメンバー。

週末に40で旗を揚げて行っている全研実行委員会出席率が低く、他のメンバーとの温度差を感じるんじゃないかと懸念していたんです。

そんな悩み解消の為、全研質問会議を清掃活動後に行ったんです。

10年前にも唐津で行われた全国研修会。

そんな親近感を沸かせた唐津メンバー。

辻Pの話を真剣に聞いてる姿。

これからがスゴーく楽しみになりましたね!!!
スポンサーサイト

鶴を折りますひたすらに・・・。~長崎エリア千羽鶴例会~

2008年07月16日 10:28

実は今・・・。

職場で内職作業って感じなんです・・・。

ひたすらにひたすらに折ってるもの

それは・・・・。

千羽鶴
(ちなみに佐賀クラブさんの提案でチラシを再利用しようということで、10cm×10cm角にきったチラシを使っての内職作業なんです・・・。)

来月の8/17(日)に開催される、長崎エリア行事

千羽鶴例会』

に送る為、今必死に鶴を折っているんです・・・・。

この『千羽鶴例会』毎年恒例行事となっているみたいなのですが、このコンセプトに意味あり。

なんと、全国のRAC・RC等に声をかけ、全国のみなさんから千羽鶴を集めて奉納するっていう。平和のイベントらしい。

わしは一度も参加したことがないのですが、小さい頃から原爆について戦争について、いろんな角度から触れ合う機会が多かったもので、さすがに千羽は作れないのかも知れないけれど、亡くなった方々の思いを少しでも慰霊できるように一つずつ、一つずつ気持ちを込めながら折っています。

ここでちょっと千羽鶴についてお勉強↓
ちなみに、
『広島に落とされた原子爆弾について調べよう』
っていうサイトでお勉強させて頂きました!!

このブロンズ像↓

偵子


よくテレビなどでお盆の次期によく見ますよね?

『原爆の子の像』

っていうんですが、

年中、たくさんの千羽鶴が捧げられていることから、別名

『千羽鶴の塔』

とも呼ばれています。

ちなみに、千羽鶴と平和の発祥は、このブロンズ象のモデルでもある、

『佐々木禎子さん』

が大きくかかわっています。

彼女は、2歳のときに被爆し外傷もなく、その後元気に成長しました。

しかし、9年後の小学校6年生の秋(昭和29年・1954年)に突然、病のきざしが現れ、翌年2月に白血病と診断され広島赤十字病院に入院したのです・・・。

千羽鶴がお見舞いに贈られたことをきっかけに、

『生きたい』

という願いを込めて包み紙などで延命の象徴である折り鶴を折り始めます。

禎子さんは、自分が折った鶴に糸を通して、病室の天井からつるしました。

折り始めて一カ月足らずの8月末までに禎子さんの折り鶴は千羽に達しました。

それ以降も禎子さんは鶴を折り続けました。

9月末、入院以降三度目の白血球の増加が始まりました・・・。

次第に自力では歩けないほどに、体調は悪くなりました・・・。

10月中旬、左足は赤紫色になり1.5倍にまで腫れて、眠れないほどの激痛が禎子さんを襲いました。

10月25日の朝、危ないということで、家族が病室に集まりました。

お父さんが何か食べるよう勧めると禎子さんは

『お茶漬けが食べたい』

と言いました。

急いで近くの食堂でごはんを買って来て、一さじ口に含ませました。

『おいしい・・・。』

それが最期の言葉でした・・・。

二口目を食べると眠るように息を引き取りました・・・。

約8カ月の入院生活でした・・・。

わずか12年で幕を閉じた小さな命。

この悲しい現実を受け止め、この事実に衝撃を受けた同級生たちが、

『原爆で亡くなったすべての子どもたちのために慰霊碑をつくろう』

と全国へ呼びかけ、全国3200校余りの生徒と、イギリスをはじめ世界9か国からの支援により、1958(昭和33)年5月5日に完成したのが、高さ9メートルの菊池一雄東京芸術大学教授製作ブロンズ像(建立者は「広島平和をきずく児童・生徒の会」)。

こうして世界各地に禎子さんの物語が語り継がれるようになり、紙芝居や漫画などを含めた絵本・読み物が、日本では23冊、海外では35カ国で14冊が確認されています。

中でも、40年前に書かれたカール・ブルックナーの本

『サダコは生きる』

や約25年前に書かれたエレノア・コアの本

『サダコと千羽鶴』

それに続く

『サダコ』

は多くの言語に翻訳され、世界で最も親しまれています。


2001(平成13)年7月19日(木)~12月16日(日)に広島平和記念資料館で行われた

『企画展』

では偵子さんの家族や、友人、同じ部屋の患者さん、看護士さんなどの実話をもとに色々なものが展示してあって、戦争について再度認識できる機会を作るイベントとして有名ですね。


最後に一言。


戦争の世紀』といわれた20世紀。

科学の進歩によりさらに躍進した国々。

それにより、各国の私利私欲の為生み出された原子爆弾は、20世紀を象徴する卑劣な兵器でした。

佐々木禎子さんは、その原爆の犠牲となった多くの被爆者である一人の少女です。

禎子さんのように、病気の回復や生への願望を持ちながら亡くなった被爆者はたくさんおられます。

実際僕のばあちゃんもじいちゃんも被爆者だったんですから・・・。

世界に語り継がれる物語の主人公である

『サダコ』

は、佐々木禎子さんから生まれたキャラクターです。

しかしそれは、多くの被爆者の姿を映す鏡として今でも存在している重要な象徴なんです。

戦争の恐ろしさや平和への願い、互いの思いやり、家族愛、生へのこだわり、最後まで諦めない努力・・・。

このブログを見たあなたは、『サダコ』からどんなメッセージを受け取りましたか??

折り鶴に明日への希望を託しながら一生懸命に生きたサダコのように、あなたも今から何かできることをしませんか??

そう想いながら今でもせっせと折鶴を折っている

shiroなのでした・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。