スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回わいわい編集会議議事録

2008年09月26日 12:02

第1回わいわい編集会議
日時:2008-9-26-(金)-20:30~
場所:伊万里市民交流プラザ小会議室

1.わいわい編集会議会場(場所)について

→場所については全研の実行委員会の日程が詰ってくる為、それと同じ日に編集会議を開くのが良いという意見にまとまった。また、全研終了後はまた日をおって詳細を話し合うことになった。

決定事項
10/26(日)
第2回わいわい編集会議
(諫早社会福祉協議会にて)

12月(全研実行委員会開催日)
第3回わいわい編集会議
(諫早社会福祉協議会にて)

3月中(予定)
第4回わいわい編集会議
(会場未定)

6月中(予定)
第5回わいわい編集会議
(会場未定)



2.HP or 紙について

→基本的に各クラブで集りみんなで『わいわい』しながら作成するのが目的なので、当初やっていたように手作りで創作したほうが味も出て良いという意見にまとまった。また、折角地区HPもあるので、出来るだけ手のかからない方法を模索してHP上でも公開したほうが良いという意見も出た。

決定事項
紙 or HP
みんなで【わいわい】しながら作成することで、クラブ間の交流が計れる。
またフリーペパーとして利用する為にも、手作り感溢れたほうが手に取りやすい。
HPに関しては作成編集会議をすすめていく上で、出来るだけ経費・負担がかからないような方向で詳細を決定していく。


3.印刷会社の選定について

→アンケート結果より挙げられた印刷会社の候補8社の内、伝手のあるものだけを絞り、その会社で合見積りを行うことになった。

決定事項

合見積り候補会社選定結果

一瀬印刷(鹿島RAC)
日の出印刷(佐賀RAC)
石田コピー(長崎RAC)
鹿島印刷佐賀営業所(佐賀RAC)
鹿島印刷鹿島営業所(鹿島RAC)


以上5社から見積を取り、選定を行う。

仕様内容
色んな仕様により見積金額の変動が予想される為、以下12種類の仕様に基づいて見積をしてもらう。

①(各4種類)
A3両面印刷(20Pの5枚)
2色刷り or 1色刷り
300部 or 400部

②(各4種類)
A4両面印刷(40Pの10枚)
2色刷り or 1色刷り
300部 or 400部

③(各4種類)
A3両目印刷(20Pの5枚)製本無し
2色刷り or 1色刷り
300部 or 400部


仕様内容については予算額に関わらず見積をし、その見積金額に対して具体的な仕様を決定していくこととする。

4.わいわいの方向性(内容)について

今回はアンケート結果より大きく分けて以下5項目の課題を設け、方向性を煮詰めることとした。

1.会員増強について
→フリーペーパー形式(一般向け)で作成し、外部に向けた活動報告として発行する。また、各クラブのイベント(行事)をカレンダー形式で作成し、連絡先をQRコード等で掲載することで従来の会員募集記事というよりは一般向けのイベント参加を呼びかけ、会員募集にワンクッション置くことで、(ローターアクトクラブ自体に興味を持つのでなく)イベント自体に興味をもった仲間を広く募集することが出来る。(会員募集はその後・・・。)

2.地区内(外)情報交換について
→今回『紙andHP』形式で作成するというように決定したので、毎回の編集会議時に各クラブの記事を持ち寄り手作りで一つの情報誌を作成するという観点から、各クラブ間の交流の場となる。また、地区外についても発行した紙形式のものを配布することにより自地区の活動の情報を伝えることが出来、またHPに掲載することで広く一般の方や他地区の方の情報交換の場となる。
地区内会員全員・もしくは新人のPRを載せることでより親近感が沸くという意見も挙がったが、発行ページ・予算・コンセプト(一般向)の都合上非常に厳しい。しかし、折角地区のブログやHPがあるので、そこで各クラブの会員PRをすることも出来る。今回はわいわい掲載するのではなく、地区HPやブログを活用して地区内の会員PRをすることにする。

3.読み物コーナーの設置について
→前回やっていたような、一般の方でも楽しく読める『コーナーもの』もしくは『連載もの』を掲載することで、情報誌自体の価値を上げ、読者を獲得する。

【エコ関連】
【おすすめコーナー】
【地元特集記事連載】
etc.

4.広報性について
→基本的に手作り感を創出することで、一般の方が手に取りやすいようなデザインとし、フリーペーパーの要素を取り入れることで、各地域に対して・またイベント毎に配布したりとローターアクトの広報手段として利用することが出来る。また今期地区HPやブログを立ち上げたので、その広報手段としてページ各所にQRコードでURL等を掲載する。また各クラブ単位でもブログ等を立ち上げて広報を行っているクラブについても、各クラブの記事やイベント告知の欄に掲載する。


コンセプト
コレまで地域情報誌に掲載してもらっていた立場から脱却し、自分達で会員募集や活動広報を一般に発信する。いわゆる『わいわい』自体を一編集社として位置つける。


5.掲載内容について
→今回、以上4項目を踏まえた上で、具体的な掲載内容を協議した。↓

ページ割(1ページA4サイズとした場合)
全20P(表紙込)


おもて表紙


1P
(事務局記事)
担当:事務局

【地区HP・地区ブログQRコード掲載】


2P
(一泊会長幹事会)
担当:諫早RAC



3P~12P
(各クラブ記事)
当:各クラブ

【各クラブQRコード掲載】


13P~14P
(オススメコーナー)
担当:各クラブ

【各地域地元のオススメを紹介する】


15P
(うちエココーナー)
担当:諫早RAC・長崎RAC・長崎北RAC

【うちエコ特集記事を掲載する。
『簡単に出来るエコ』

『エコな話』等】


16P
(イベントカレンダー月間)
担当:各クラブ

【各クラブQRコード掲載】


17P
(イベントカレンダー年間)
担当:各クラブ

【各クラブQRコード掲載】


18P
(編集後記)

【各クラブ作成メンバーの感想・対談等
『アドリブで作成』】

うら表紙


5.わいわい発行部数について

→他地区に対し100部・地区内に対して100部の200部が例年の発行部数だが、今回は一般向けのフリーペーパーとしての要素を全面に押し出し、各所に設置する必要性があるので例年より多く発行したいが、予算の関係上非常に厳しい可能性がある。そこで、300部または400部発行するという条件で見積を行い、それにより具体的な発行部数を決定するということでまとまった。

決定事項
発行部数:300部または400部(見積金額により変動あり)


6.次回編集会議日程及び記事提出期限について

次回編集会議日程
場所:諫早社会福祉協議会
時間:18:00~20:00






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。