スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボツワナ料理

2008年12月14日 18:53

ボツワナ共和国ってどこにあるか知ってますか??

map.gifBc-map.gif

アフリカの南部に位置している国がそれ。

以前KOVC(こぶし)さんっていうNPO団体と知り合う機会があって、そこの理事をされているあっこさんのブログにこんな↓募集記事があったので、行ってみることにしました。

地球を知る講座
「食」をテーマに世界と地域のことを一緒に考えましょう!
http://blog.goo.ne.jp/kovc/e/a8a72fef9e7fb7ee02947ca09ab867c3

今回は
古賀順子さん:青年海外協力隊OV(ボツワナ共和国)
小西陽子さん:青年海外協力隊OV(スリランカ)
井上昭子さん:特定非営利活動法人久留米地球市民ボランティアの会(KOVC)

を講師に迎えての講座

講座といっても、要するに御当地料理をみんなで作って食べながら世界各地の文化や習慣について語り合うのが目的。

気軽に参加出来そうだし、無料だったので参加してみたんです。
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

まずは参加者で自己紹介を行い、時間がないということで、直ぐに講座が始まります・・・。

SN3A3685.jpgSN3A3686.jpgSN3A3687.jpg
まずは講師から、ボツワナ共和国やスリランカの現状や概要を説明してもらいました。

【ボツワナ】
最初に『ボツワナのイメージを言ってください!!』といういきなりの質問に参加者全員戸惑いました・・・。
(;・∀・)

『ボツワナ』って云ってもどこの国かすら分からんし・・・。
(  ′∇ソ ヨーワカラン

アフリカってどんなイメージか・・・。正直わしも良く知らないので、無知なりに、『サバンナ』とか『砂漠』とか『エイズ』とか『貧困』とか・・・etc.

まぁあてずっぽに言った割には全部正解。

面白いのは人間の数より牛の数のほうが多いらしい
(;;・∀・;;)

なので、牛肉が凄く安い!!毎食肉の塊を食い放題なので、当然太るというちょっと羨ましい話。

因みに国土面積は日本と同じ位なのに、人口は福岡市と同じ位というから、かなりゆったりした生活が想像できますよね
( -人-).。oO(・・・・・・)

しかし、アフリカの人口の40%はHIV感染患者らしく、未だ増加傾向にあるんだとか・・・。
ウァーン・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ナクナ

そういう事情から、青年海外協力隊としてボツワナ共和国に2年半もの間滞在していた講師の古賀さんは、看護士としてHIV患者の対処療法を指導しに行かれてたらしいんです。

【スリランカ】
『写真(上右端)をご覧下さい!!』

と映し出されたのはスリランカ人の一日のスケジュール表。

実はスリランカでは1日に4回teaタイムがあるらしく、

07:30頃 朝起きて1杯
10:00頃 職場に着いて1杯
15:00頃 職場で3時のおやつ時に1杯
19:00頃 家に着いてから1杯

っと・・・。飲みすぎやろ(゚Д゚;)ってくらい紅茶が大好きらしいんです。しかも、夜21:00に夕飯というから怖ろしい・・・。
●:・∵;(ノД`)ノ ヒイィィィ

因みにスリランカでは植民地時代の身分制度が根強く残っているらしく、お茶摘みという職業も植民地時代に奴隷としてつれてこられた民族が世襲しながら続けていかなければならないみたいなんです・・・。

SN3A3688.jpgSN3A3689.jpgSN3A3690.jpgSN3A3691.jpg
そうこうしている内にあれやこれやと時間は瞬く間に過ぎ、早速料理に取り掛かります。

食材は現地にあるものを調達するのは難しいので、日本にある食材をベースに現地食材に近いものを真似て調理します。

因みに一番左に写っている黄色い食べ物はPapa(パパ)って呼ばれていて、とうもろこしの粉を炊いたボツワナの主食です。さすがに本物(とうもろこしの粉)は調達できず、市販のコーンパウダーで調理しましたが、本当は黄色ではなく白いそうで、本物はこんな↓感じらしいです。

06.jpg

おかずはチャカラカっていうカレー?!シチュー?!みたいなもの。それと、Rape(レイプ)っていう野菜炒めかな
(;・∀・)

日本では事細かに名前って決まってますよね??例えば、○○科植物の××草みたいに。

でもボツワナでは、大まかな単位の名前はあっても、細かな名前はないらしく、尋ねる人によって答えが違うこともしばしばとか・・・
(´(・)`)クマッタ・・

でも、事細かに分類わけをしている国のほうが世界的には珍しいらしく、むしろ日本のほうが特殊らしい。なかなか海外からの視点じゃないと気付かないことばかりで面白いですよね
(´▽`*)アハハ

因みにわしの班は男ばかりだったけれど、意外にさばけていたらしく、一番のりで調理完了!!

SN3A3692.jpgSN3A3693.jpgSN3A3694.jpgSN3A3695.jpgSN3A3696.jpg
続いてはスリランカの紅茶講座です。

スリランカでは、最初に取れた良質の茶葉ではなく、最後に残った粉末のカスを利用して毎日のteaタイムに飲んでいるそうで、お湯にそのカス茶葉を直接入れて、2~3回くらい容器に移し替えることで空気に触れさせ、風味を増して飲むらしいです。しかも砂糖とミルクをたっぷり入れる習慣らしくて、コーヒーカップに大さじ3杯くらいは当たりまえらしい・・・。
ヽ(;´Д`)ノ

因みにこれは↑(写真の左から3番目)木の樹脂から取れる甘ーい結晶。サトウキビの砂糖にも似ている感じ。凄く甘いんですが、コレを例の甘ーい紅茶と一緒に頂く。

さすがに甘すぎるので、わしは砂糖もミルクも入れません。っというか紅茶が飲めない・・・。
ヾ(^-^;) ゴメンゴメン

SN3A3697.jpgSN3A3698.jpg
さあ食卓についたところで、

『いっただきまーす!!』

勿論食べ方はボツワナ風に手で頂きます。

JOCAの齋藤さんが云うには手でもみくちゃにしたほうがより食べやすく、味も良くなるというので、挑戦!!

手で食べるってなかなか
(≡゚∀゚≡)イイニャン

食事の温かみを肌で感じて命を頂く。それを実感出来る素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。

また機会があれば楽しい会に参加してみようと思いました
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
KOVC

地球市民の一員として、未来を担う子どもたちを含め広く市民に対して、地球規模の課題解決の為に、国際協力及び環境保全などの地域活動を通して、社会に貢献することを目的としています。


コメント

  1. 共働き主婦 | URL | -

    今日は何をつくろうかなぁ??

    みなさんは何が食べたいですか???

    よかったら今参考にしているので
    教えてくださいね

    忙しい共働き主婦にはみんなの
    情報が必要です

    よろしくです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。