スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護の苦労

2009年02月10日 11:23

今日わしの高校の友達の祖母が自殺したっていう情報が入った・・・。

その友達とは長い付き合いで、家族のこともよく知っているんだけど、友達の祖父が痴呆でその介護に家族が苦しんでいるなんてことは、友達の口から聞いたこともなかったし、友達も今は実家から離れて暮らしていて、今年中に結婚する予定だったから、尚更気の毒な事態だったと思う。

先日友達のお父さんと話す機会があったんだけど、その時ビックリしたのは、友達のお父さんがやけに老けたなぁって感じたこと。

前は白髪ひとつない若々しい笑顔がかっこよかったのに、今では頭が真っ白な白髪で覆われていて、目も虚ろでどこか遠くを見ている感じ。話していても焦点が合わないくらい・・・。

前に会った時は凄く元気だったのに、ここ1~2年ぐらいでおじいちゃん??って思えるほど、外見が変わってた・・・。

その時に変だな・・・。

って思ってたんだけど、もうすぐ息子が結婚するからなのかな。ってそこまで気にも止めてなかった。

今思えば、あそこまで急変するほど家庭内は複雑な事情を抱えていたんだろうなって思う・・・。

おばあちゃんの事を思うと、齢70を越え残り少ない命を絶たなければならないほど、介護の現場は貧窮しているんだと改めて肌に実感した。

最近介護に関わる自殺や殺人が増えてきている。

これは法律では裁くことすらできない現実と感情が混じった正に高齢化社会の悪の根源なんだと思います。

明日は我が身。

いつ介護する側になってもおかしくはない。って思った時、なんだか他人事ではないって思った。

そう云えば前に『半落ち』って映画があったけど、認知症を患う妻の嘱託殺人がテーマだった・・・。

介護って何だろう・・・。

今日は色々なことを考えさせられそうです。

哀しき介護殺人事件
http://www.news.janjan.jp/column/0607/0607080533/1.php


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。